(闇うさぎ)~第3章~第84話:

短編つぶやき小説

(闇うさぎ)
~第3章~

84話:


 

?!!!

 

えっ…

いつの間にこんなに、水かさが増したのよ?!

 

オレは手足をバタつかせ、体を浮かせた。

 

おい!そこの雨雲っ

足つかねえし!

さっさと、雨を止めてくれっ

 

オレが叫ぶと、

雨雲はぎょろりとした目でオレを見た。

 

オレを無視して、雨雲は桃の種達に聞いた。

 

『どうするごんすか。

雨は、おしまいでごんすか?』

 

桃の種達は、一斉にオレを見た。

 

『ご…ご主人たま?!』

『大変だ!溺れてるっ』

『えっ…溺れてる?』』

『あまぐもたん!おしまいでとぅ!
おしまいにしてくだたいっ』

『ご主人たま!つかまってくただい』
『ボクにも!』
『わたしにも!』

桃の種達はオレのまわりに集まると、

体がぶつかり、カチカチ鳴った。

 

『それでは、これで』

 

!!!!!

雨雲はうなずくと、体をふるわせて雨を止めた。

 

 

#カチッ

エレベーターみたいなドアが開いた。

 

 

!! !! !!

 

溜まった水が、

吸い込まれるようにドアの外へ流れ…

 

桃の種達も流され、いくつも消えていった。

 

?!!

体が、何かにぶつかった。

 

えっ…

オレだけ流れねえ…?

 

!! !!

 

ドアもねえのに…どういうことだ??

 

まるで、見えない壁にぶつかっているみたいだった。

 

『うゎ~』
『ご主人たま~』
『お元気で~!』

 

オレは両手両足で、つかんだ桃の種にしがみついた。

 

『くそっ!

手を離してたまるかよっ

これは、オレの種だから!!!』

 

 


うさぎとの会話≫                   目次                   闇うさぎ・次のお話しへ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました