(闇うさぎ)~第3章~第82話:誰が持って行こうか。

短編つぶやき小説

(闇うさぎ)
~第3章~

82話:誰が持って行こうか。


 

!!!!!!

エレベーターみたいなドアが開いた。

 

『お呼びでごんすか』

 

灰色のずんぐり雲が もくもくしながらやってきた。

 

『あまぐもた~ん!』

『あまぐもたんだぁ!』

 

!! !!

桃の種達は 身体をあわせて 喜んだ。

 

『あまぐもたん』

『こころの畑に 雨粒くだたい』

『いっぱい くだたい』

 

そう言うと、桃の種達は

嬉しそうに 床に寝転がり 一斉にあまぐもを見上げた。

 

『おやすい御用でごんす』

 

あまぐもは ふるふる からだを震わせ、

桃の種達のうえに やさしく 雨を降らせた。

 

!!!!!

『雨だ!』

『雨だ~』

 

桃の種達は 気持ちよさそうに目を閉じた。

 

!!

#やべえっ

#靴下が濡れちまう

 

オレは靴下をひきぬいて ギターケースにいれた。

 

『雨だ』

『気持ちいいね~』

 

『そうでごんすか。 それは 良かった』

 

あまぐもは 雨を降らしつづけた。

 

うわっ すげえなこりゃあ!

水がたまってく!

部屋中が水だまりじゃねえかっ

 

!! !!

オレは足で、雨水を蹴ってあそんだ。

 

雨は降り続き 足元にどんどん 水がたまった。

 

しばらくすると 膝下のあたりまで 水かさが増した。

 

!! !!

桃の種達は 水に浮かび、 プカプカ からだを動かした。

 

!!! !!!

 

オレが足で 水を踏むと 波が立った。

 

桃の種達は 波に揺られて 喜んだ。

 

だからオレは 桃の種達を もっと喜ばしてやろうと

バシャバシャと 水の中でジャンプした。

 

大きな波が立ち、

種のからだが 水の中で くるりとまわった。

 

オレは楽しくなって、

部屋の中をかけずりまわった。

 

オメエら、知ってるか!!

 

これが、流れるプールだぜ!!!!

 


うさぎとの会話≫                   目次                   闇うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました