(闇うさぎ)~第3章~第72話:邪邪邪邪邪邪邪ンンッ!

短編つぶやき小説

(闇うさぎ)
~第3章~

72話:邪邪邪邪邪邪邪ンンッ!


 

♪~

男心もてあそ~ぶ

うそつきぃぃやろ~

なにももう信じな~い

うそつきぃぃやろ~

 

オレはギターをかき鳴らした…

 

!! !!  !! !! !! !!

(イデデデ…)

!! !!  !! !! !! !!

(クソッ…!!!)

(こんなことで、負けてたまるかってんだ!!!)

!! !!  !! !! !! !!

!! !!  !! !! !! !! !!

 

♪~

これだかっら ぃやんなっちゃうんだぁ

うそつきぃ クソばかりぃい

!! !! 

おんなもぉ 雑誌もぉ

もぉ 二度とぉ 信じないぃい

 

!! !! !!

信じれんのは オレェ自身

他はもう 信じねぇえ

 

みんな みんなぁ

好き勝手にぃ

生きてりゃ 良いぃさぁ

 

!! !! !!

バカバカバカ バカ野郎っ

クソクソ  クソ野郎ぅっ

 

みんな みんなぁ どっかにぃぃ

行ぃっちまえぇえ

 

!! !! !!

バカバカバカ バカ野郎っ

クソクソ クソ野郎ぅっ

 

おめえ なんか こっちからぁ 

願いさげぇだぁあ

 

!!!!!

その時、オレの横に…

 

温かなぬくもりが

伝わってきた…

 

!!!!

おい!いぬっ おめえだろっ

邪魔すんなって、言ったよなっ?!!!

 

!!!!!

オレは足で、いぬをどけた。

 

!!

 

足元にころがる、

うさぎくんの姿が見えた。

 

う…うさぎくん?!!!!!

 

『いてて』

 

うさぎくんは

のそのそと立ち上がり、

 

笑って、言った。

 

『大丈夫?』

 

ハッ?

大丈夫??!

 

大丈夫って…おめえっどういうことだ?!!!

オレは、いつだって大丈夫だが?!

 

!!!!!

なんてったってオレは…

男の中の男…

男うさぎだぜ…??!

 

涙がとまらなかった。

 

!!!

オレは、後ろを向いた。

 

うさぎくんには、

涙を見られたくなかった。

 

!!

 

足元に

ピタリとくっつく

うさぎくんのぬくもりが伝わってきた…

 

うさぎくん…

 

うさぎくん…

 

!!!!!

 

オレ、こんなことじゃ

負けんからっ

 

キミは、

そこで聞いていてくれたまえ…

 

♪~

!! !! !!

バカバカバカ バカ野郎っ

クソクソ  クソ野郎ぅっ

 

もっと もっとぉ 修行してぇ

強くなってやるぅう

 

!! !! !!

バカバカバカ バカ野郎っ

クソクソ クソ野郎ぅっ

 

もっと もっと 良い男ぉお

修行の達人 

 

あ~とから フッタことぉぉ

後悔してもぉ 遅いかんなぁあ~

フゥゥ~ウ~ウ~ 

 

!!!!!!!

#邪カ邪カ邪カッッ

#邪カ邪カ邪カッッ

#邪邪邪邪邪邪邪ンンッ

 


うさぎとの会話≫                   目次                   闇うさぎ・次のお話しへ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました