(うさぎ)~第4章~第4話:

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第4章~

第4話:


 

ドッパァン ドッパァン
ドッパァン ドッパァン

 

さすが…ばあさん

たくさん作ってあるのぅ!

?!!

これは、なると巻じゃのっ

これ、わし大好きじゃで!

食べても良いかの?!!』

 

?!!

 

『ウォッ…

おじいさん、食べるゥン?!!』

 

なると巻?!

なると巻ってどんな料理かなぁ?

ボク、作ったことないよ??

そうだ!!!

あとでおばあさんに作り方、教えてもらおうっと!

 

 

ボクがワクワクしていると、いぬくんが言った。

 

『うさぎク~ン

闇うさぎくんのところにィ、急いで行こォォオ!

ボクン、イヤな予感がしてきたォ…』

 

 

『夕飯に?!!

夕飯は、こっちでどうじゃ??

わし、

今、食べたいのぅ…』

 

 

!! !!

いぬくんはボクを、グイグイとひっぱった。

 

 

『!!!

あっ!あっ…!あ~!!!

まいったのっ

手とクチが、勝手にっ…

 

!! !!

 

ガシュ~ンッ 

 

ガシュ~ンッッ

 

その時…

聞きなれない音と共に、地面が激しく揺れだした。

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました