(うさぎ)~第3章~第83話:最後のお別れじゃぞ?!!

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

第83話:最後のお別れじゃぞ?!!


 

『こちらは今ゥン 取込み中ゥゥン!!!

桃を届けるのは もゥンちょっとォォン 待つよゥオンに!!!』

 

おじいさんはボク達に言った。

 

『闇うさぎを、急いで起こすのじゃ!』

 

いぬくんは 闇うさぎくんの隣りに座り、

しっぽで パタパタ 顔をはたいた。

 

!! !! !!

 

ボクも 闇うさぎくんの両肩をつかんで、一生懸命揺らした。

 

おじいさんは、 両足を持ち上げて グラグラゆすった。

 

!!!

 

闇うさぎくんは、何度ゆすっても起きなかった。

 

おじいさんは、

両足をつかんだまま 闇うさぎくんの体を持ち上げ、 くるくる回した。

 

闇うさぎくんの手が、 万歳するように 力なく宙を舞った。

 

時間ばかり過ぎていった。

 

・・・。

 

#ダメかぁ

 

ソファに戻して、

 

おじいさんが 闇うさぎくんに、 一生懸命話しかけた。

 

フゥゥ…フゥゥ…フゥゥゥゥゥ…

 

『起きよ、闇うさぎ!

夢なんか 見とる場合じゃないわい!!

おぬし! モルモット娘に会わんで良いのか?!

最後のお別れじゃぞ?!!』

 

!!!!!!

 

『加速じゃっ!!!』

ブフゥ~ッ ブフゥゥ~ッッ ブフゥゥゥ~ッッ!!!

 

おじいさんが、 顔を真っ赤にして 闇うさぎくんに 息を吹きかけると

 

?!!!

 

ソファーが倒れ 闇うさぎくんの体が転げ落ちた。

 

うわぁぁぁ~っ…!
キャンッ

 

風に飛ばされ、

いぬくんと ボクの体も ゴロゴロ転がった。

 

『すまん すまん!

ちと 力を入れ過ぎたわい』

 

おじいさんは 申し訳なさそうに 頭をかいた。

 

闇うさぎくんは 壁に頭を打ち付けたが、 それでも起きなかった。

 

『これでも起きぬとは…

こやつの体は どうなっとるんじゃ?!!』

 

おじいさんが 床に座り込んだ その時だった…

 

外の方から、

また、大きな音が聞こえた。

 

きゅぃぃぃいいいいいん…!

 

きゅぃぃいいぃいいぃいん…!!

 

 

!!!

おじいさんが、 慌てて立ちあがった。

 

『なにっ?!

こっちに来るじゃと?!!』

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました