(うさぎ)~第3章~第82話:誰が持って行こうか。

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

第82話:誰が持って行こうか。


 

!!!

おじいさんが立ちあがった。

 

『そうじゃ、忘れておったわい。

モルモット娘に 桃をやるんじゃった』

 

おじいさんは そう言うと 頭をひねった。

 

『はて、どうしようかの。

桃を誰が持って行こうか。

 

わしはのう

闇うさぎが 嫌がらなければ

こやつに 桃を持って行かせようかと 思っていたのじゃ。

修行の前じゃし、

こやつらの恋路の最後でもあるじゃろう?

最後にビシッと桃を渡して、

気持ちよく修行をスタートさせられれば良いと思ったんじゃが』

 

!!

 

・・・。

 

みんなで、闇うさぎくんの寝顔を見つめた。

 

闇うさぎくんは、笑っているみたいだった。

 

おじいさんは、

うーむ… と考えて 腕組みをした。

 

『やっぱりのう。

これはこやつの人生で 重要なシーンじゃ。

急いで 闇うさぎを起こして、

こやつの気持ちを 聞いてみようではないか。

持って行くのは それからが 良いじゃろう』

 

おじいさんは、いぬくんに言った。

 

『いぬよ モルモット娘に 少し待つように伝えてくれぬか』

 

!!!

 

いぬくんはガバッと立ち上がり、窓を開けた。

 

それから 高く空を見上げ、 遠吠えを繰り返した。

 

『こちらは今ゥン 取込み中ゥゥン!!!

桃を届けるのは もゥンちょっとォォン 待つよゥオンに!!!』

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました