(うさぎ)~第3章~第77話:オレは桃に願った。

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

第77話:オレは桃に願った。


 

『願いごとをどうするか、

うさぎとよく話しておきなさい』

 

そう言うと、おじいさんは桃を拾って

闇うさぎくんに渡しに行った。

 

『いよいよ修行にいくからの。

おぬしは桃を食べて、

カラダの傷を治しておくがよい』

 

闇うさぎくんは、

桃を受け取ったあと、考え事をしているみたいだった。

 

いぬくんが、ボクに話しかけた。

 

『うさぎクーン、どうするゥン?

この桃ゥオ食べて、願いごとを一回消しちゃゥン?

そうするとしばらくボク達、

話しが出来なくなっちゃうけどもォォォ…』

 

 

?!!

 

いぬくんと話せなくなっちゃう?!

 

!!

それは嫌だなぁ…

 

だってボク、

いぬくんと話しがしたかったんだ!

 

でも…

 

他の生き物と話したくなった時に

 

このままじゃ恐くて、話せないかぁ…

 

#うーん

#どうしよう

 

 

いぬくんが、笑って言った。

 

ハッハ ハッハ

 

『急いで願いごとを消さなくてもォォ…大丈夫だォン!

願いごとを消すのはァァ…いつでも出来るゥゥンオ!

今は、こわくないでしょォォオ?

他のことばがァ…ンン…

聞こえないならァア良かったオゥン!』

 

!!

そうかぁ

 

今じゃなくても良いなら、キミとまだ話せるね!

 

#良かったぁ~

 

・・・。

 

でも、

 

どうして、

他の生き物のことばが

聞こえなくなったのかなあ??

 

 

ボクが不思議に思っていると、

いぬくんが教えてくれた。

 

『集中して願わなかったからだと思うよォン。

願いごとをする時もそうだけどもオォォン…

はじまりや終わりの言葉も、

伝わりやすく、

しっかりと念じて言わないとォォォ…!

 

ボクゥンも前に

不思議なことになっちゃったことがあるよォォ』

 

?!!

 

えっ

そうなのっ?!!

 

??!

 

その時…

 

桃をかじっていた闇うさぎくんが、急に走り出した。

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました