(うさぎ)~第3章~第73話:むぎゅ…むぎゅ…ぎゅ…

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

第73話:むぎゅ…むぎゅ…ぎゅ…


 

ぴょんこっ ぴょんこっ ぴょんこっ

 

ボクは大急ぎで、闇うさぎくんにかけよった。

 

!!

闇うさぎくんの背中に手をおくと、

 

急に足がとんできて

 

ボクは転んでしまった。

 

#イテテ

 

!!!

 

ボクは起き上がり、

闇うさぎくんの足もとに座った。

 

♪~

!! !! !!

バカバカバカ バカ野郎っ

クソクソ  クソ野郎ぅっ

 

!!

 

こんな大変な時に

一匹でいたいわけがないじゃないか

 

 

・・・。

 

 

ボクは歌のリズムにあわせて

そぉっと…

 

闇うさぎくんの足に、肉球を押しあてた。

 

#ここで聞いてるね

 

 

むぎゅ… むぎゅ… ぎゅ…

 

むぎゅ… むぎゅ… ぎゅ…

 

 

ボクは、一匹の寂しさを知っていた

 

だから、

 

一緒にいたかった。

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました