(うさぎ)~第3章~第72話:邪邪邪邪邪邪邪ンンッ!

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

第72話:邪邪邪邪邪邪邪ンンッ!


 

♪~

ポロロロ ポロロロ ポロロロロン

 

その時、近くで…

ギターの音が聞こえた。

 

!!

闇うさぎくんがギターを弾いてるぅ

なんの歌だろう?!

 

!!

あっ

もしかして

また、恋の歌かなあ?!

 

#ドキッ

#ドキドキドキッ

 

♪~

うそつきぃぃ… ポロン

うそつきぃぃ… ポロロン

 

女心…

わからな~い…

うそつきぃぃやろ…

 

?!!

あれっ

どうしたんだ

闇うさぎくんが泣いてる…?

 

どうしたんだろう?!!

 

ぴょんこっ…

!!

 

いぬくんは、

ボクの肩に手を置いて、首をふった。

 

『さっきはさあ、ゥゥゥ…

闇うさぎクン、

色々あって大変だったんだォン…

まあ、ボクたちも大変だったけどもォォン…

 

いまは、そっとしておいてあげようよォン…

闇うさぎクン、ゥゥゥ…

悲しい時は、一匹でいる方が好きだろうォン?

今は、近づくと嫌がると思うよォゥン…』

 

?!!

大変だった?

なにが大変だったの??

 

 

・・・。

 

 

いぬくんは、黙ってしまった。

 

 

! ! ! ! ! ! !           ! ! ! ! ! ! !

 

 

いぬくんは、ボクの顔を見つめ…

 

 

ものすごい早さで、まばたきを繰り返した。

 

 

 

それから、

しばらくして

 

 

 

いぬくんは、ボクの耳に口をあてた。

 

!!!

『闇うさぎクゥゥン、

大きなモルモットの女の子に

好きだよって言ったら、ァゥゥ…

ォゥゥゥン…

嫌いだって…

言われちゃったんだォォォ…ン』

 

えっ??

 

好きだよと言って…?

 

嫌いと言われちゃった??

 

 

??!!!

 

 

そんな…

 

そんな…

 

好きなおんなの子と…

 

?!!!!!

 

そんなことって….起きるのか?!!

 

 

そんなの…

 

!!!!!!!!!

 

大変すぎるにきまってるっ!!!!!

 

 

ぴょんこっ ぴょんこっ ぴょんこっ

ボクは大急ぎで

闇うさぎくんにかけよった。

 

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました