(うさぎ)~第3章~第58話:えっ、怒ってる??

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

58話:えっ、怒ってる??


 

#えいっ

#えいっ

#ごろごろごろっ

!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!

 

無いなあ…

どこに行っちゃったんだろう??

 

こんなに木が倒れてたんじゃ、転がりにくいよ

 

腰がはやく、治らないかなあ。

 

#ふぅ

#疲れた

 

#ちょっと

#ひとやすみしよう

 

#むぎゅっ

 

寝ながらボクは、

倒れた木に足をかけ

足の肉球を押し付けた。

 

#むぎゅむぎゅ

#むぎゅむぎゅ

 

!!

これっ

足裏が、気持ちがいいな

 

その時…

ボクは思いついた。

 

!!!

ボク、足でもメモを取れたら…

すっごい便利だよな~!

地面をふんだら、いつでも覚えられちゃうもの!!

 

そうだ!!

さっき覚えたやつで、やってみようっと!

 

#むぎゅむぎゅっ
#桃を褒める

 

#むぎゅっぎゅっ
#感謝の気持ち
#ありがとう

 

#ぎゅぎゅぎゅっ
#キミと話しがしたいんだ

 

#ぎゅっぎゅぎゅぎゅっ
#また
#お話ししようね

 

よしっ

まだ覚えてる!

ボクは嬉しくなった。

 

!!!!

もしかして…もっと早くやったら、

どんどん覚えられちゃう?!

たしか…

カッコいい、足のダンスがあったよね?!!

 

軽やかにステップしている自分を想像し、

ボクは、倒れた木に

足の肉球をおしつけ続けた。

!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!
!! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !! !!

 

その時…

何かがころりと転がり落ちた。

??

 

あっ…!

 

あった!!

 


闇うさぎとの会話≫                      目次                        うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました