(うさぎ)~第3章~ 第8話:うさぎ、願いごとを考える。

(うさぎ)
~第3章~

第8話:うさぎ、願いごとを考える。


 

『キミじゃったら、

どんな願いごとをするかの?』

おじいさんは聞いた。

願いごと?

自分の中身を変えられる??

そうだなあ…

ボクは考えた。

片側のおひげが一本しか生えてこないのは、

わりと気に入ってるし…

健康で、特に病気もない。

ちょっと音痴だけど、

困ってはいないし…

ボクが迷っていると、

おじいさんは言った。

『キミは、忘れっぽくないか』

!!

確かに…!

ボクは、忘れっぽい。

でも、

これが、ボクだし

そんなには困ってないです。

ボクは答えた。

『では、言葉は?』

ことば??

『キミは言葉が出んじゃろう?』

『キミは、言葉を忘れていく』

おじいさんは、言った。

ことばを、忘れる??

ボク、今

おじいさんと、

話しできてますよね??

#そうじゃな

おじいさんは、うなずいた。

ボク、友達も…少ないけどいるし

ご近所さんにも

優しくしてもらってて…

忘れっぽいかもしれないけど

そんなには困ってません。

『まあ、良い。

そのうち、分かるじゃろう』

おじいさんは、また歩きだした。

#ダンダンダン
#ガチャ


闇うさぎとの会話≫            目次             うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました