闇うさぎ・オレの夏休み!その後の回想シーン⑯

≪朝のあいさつ≫

(闇うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

闇うさぎ・オレの夏休み!
その後の回想シーン


 

『夏祭りっ

どうせあんた、暇なんでグァーッ?!!

さっさとわたし達に、協力しちゃいなさいグァ!!!!』

 

?!!

寝ぼけたあたまに、

ゲロ美とゲコ子からの突然の襲撃…

 

オレは必死に考えようとした。

 

なんだ、この展開は…

#うーむ

#頭が働かねえな

 

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッ

 

オレの返事も待たずに、ゲロ美はしゃべり続けた。

 

『ちょっとゲコ子ぉ~

夏祭り、あんた何着るグァ?!

まさか、あんたも浴衣クァ?!!』

 

『そうゲロ…

夏祭りと言ったら、浴衣ゲロ…』

#パサパサ

 

!!

『何色の浴衣クァッ?!!

まさか!赤じゃないゲロゲッ?!!』

 

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッ

 

『赤い浴衣ゲロ…

あたち、それしか持ってないゲロゲ…』

#パサパサッ

 

!!!!!

 

『まさクァッ

前に着てきた、あれクァッ?!!

わたしと似てたやつ?!

あの時、あけみの奴グァ

余計なこと言ってケンカになった…』

 

ゲロ美は叫んだ。

 

!!!

『おそろいでちゅクァ~?

なんて、あいつが茶化すクァら…!!!』

 

#コキュキュキュッ

ゲロ美が、あたまをこすり始めた。

 

『あたち、真似した訳じゃないゲロ…

親戚のおばさんグァ、くれたクァら…

あの浴衣、

あたち、気に入ってるゲロ…』

#パサパサ

 

『こんなことなら、

新しい浴衣、調達しておけば良かったゲロ!!!

今から用意して、間に合うクァ?!!』

 

ゲロ美はウロウロと歩き回った。

#ピタピタピタ

 

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッ

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッ

 

動かなかったオレのあたまが、

カシャカシャと音をたてて動きはじめた。

 

夏祭り…

オレ、こいつらと行けば良いんじゃねえ??

そしたら、あっちで

うさぎくんやコアラにも会えるじゃねえかっ!!!

ビーバーに会ったら、走って逃げれば追いつけねえし!!!

 

!!!

パンダもよっ

夏祭りの夜ぐらい

出かけても良いだろうよっっ!!

だって、

もう、いい大人なのだから!!!!

家族がダメだっつ―なら、

オレが家族を説得してやっても良いしっ

#ウンウン

 

!!!!!!

#よしっ

#オレが一緒に行ってやるぜっ

 

オレは、もったいつけるように言ってやった。

 

オメエら、しょうがねえな!

そんなに頼むなら、協力してやっても良いぜ…!

#オレも本当は

#忙しいのだけれども

 

ガッガッガッガッガッ…

パンダの穴掘る音が、ピタリと止まった。

 


うさぎの様子≫                             目次                    闇うさぎの夏休み・回想シーン

《闇うさぎ・朝のあいさつ》819

コメント

タイトルとURLをコピーしました