たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉘

短編つぶやき小説

(うさぎ)
第3.3章 

たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉘


 

『あっ…!』

 

メガネのたぬきは息を飲んだ。

 

『そうかっ、なるほど!』

 

!!! !!! !!!

 

メガネのたぬきは、

たぬきちさんの脇腹に棒を押しつけ、動かした。

 

ゴガッ…ゴ… ゴッ…

 

『なっ、なんだべな?!』

 

!!! !!! !!!

 

ゴッ… ゴガーーーーーッ…

 

『ぽ…!んんっ たろぉはははっ!!!』

 

たぬきちさんは、声もなく笑った。

 

『たぬきちさん!じっとしててください!』

 

!!! !!! !!!

 

『これは活気的な発見ですっ

上手くいけば、色んな動物に応用できるんですから!』

 

メガネのたぬきは、

たぬきちさんの体のあちこちに棒を押しつけた。

 

!!! !!! !!!

!!! !!! !!!

 

『よし!採取完了です!

どれだけ取れたか、確認してみましょう!』

 

メガネのたぬきは、

ひとしきり棒を動かした後

 

!! !!

 

道具をかついで、のそのそと家の中に入っていった。

 

 


(闇うさぎはお休み)                  目次                   たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉙
タイトルとURLをコピーしました