たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉖

短編つぶやき小説

(うさぎ)
第3.3章 

たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉖


 

!! !! !!

スピュピュピュピュピュンッ

 

『どうです、瞬間移動装置の威力は!

これぐらいの石の量なら、すぐに拾えますから!』

 

メガネのたぬきは肩をいからせ、何度もたるをかつぎなおした。

 

!! !!

 

落ちていた金色の石が

 

どんどん、消えていった。

 

 

『なんだべ?!どこいったべな??』

 

 

たぬきちさんの口が、あんぐりと開いた。

 

 

『魔法…だべな??』

 

 

たぬきちさんは地面に顔をこすりつけ、

 

 

棒の先端をのぞきこんだ。

 

!!! !!!

 

たるの重みで、メガネのたぬきの背中が反り返り…

 

次第にふらつきはじめた。

 

!!! !!!

 

『あ…!あ…!危ないですから…!』

 

 

スピュンッ

ピュンッ… ピュンッ…ガッ

 

 


(闇うさぎはお休み)                  目次                    たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉗
タイトルとURLをコピーしました