たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉕

短編つぶやき小説

(うさぎ)
第3.3章 

たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉕


 

ごめんなさい

ボク、転んじゃって…

 

!!!

その時、ガチャリとドアが開いた。

 

分厚いメガネのたぬきが、こっちを見ていた。

 

『しょうがないですね!』

 

メガネのたぬきは、両手に大きな道具をかかえ

もたもたと、ボク達の横をすりぬけていった。

 

メガネのたぬきは、ボクに言った。

 

『うさぎさん、お気になさらず!

これが役立つ時が、ついにやってきたのですから!

ボクが発明した「瞬間移動装置」の効果を、お見せしましょう!』

 

長い棒の先っちょに、たるがくっついたような

不思議なかたちの道具だった。

 

メガネのたぬきは重たそうに、たるを肩にかつぎ

転がった金色の石に、棒の先端を向けた。

 

!! !! !!

 

スピュピュピュピュピュンッ

 

辺りに、大きな音が鳴り響いた。

 

 


(闇うさぎはお休み)                  目次                    たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉖
タイトルとURLをコピーしました