たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉓

短編つぶやき小説

(うさぎ)
第3.3章 

たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉓


 

#いつぅぅつっ

#むぅぅうっつ

 

金色の石を入れている途中に、

 

!! !!

竹が急に下がり…

 

グッ…

グググッ…!

 

竹が小刻みに揺れだした。

 

『どうしでっ?

どうしでだんべ??』

 

たぬきちさんは、

両手とほっぺで竹を押さえつけ、持ち上げようとした。

 

『つぶやきぃっ

石ぃ、いれでっ…はやぐぅっ』

 

?!!

えっ、ボクが??

 

ボクには、

なにがなんだか

よく分からなかったのだけれども

 

!!

#ぴょんこ

 

金色の石をとろうとした

 

が…

 

!!

カゴは大きくて、ボクには背が届かなかった。

 

 

ボクは、カゴに登ろうとした。

 

!! !!

 


(闇うさぎはお休み)                  目次                    たぬきち、ぽん太郎とボクの夏休みの思い出㉔
タイトルとURLをコピーしました