うさぎ・ボクの夏休み!その後の回想シーン⑱

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

うさぎ・ボクの夏休み!
その後の回想シーン⑱


 

闇うさぎくんの自転車が停まってる!!

闇うさぎくんも来てるのかなあ??

 

!!

きっと、洞穴だな!!

あとで、行ってみようっと!

 

!!!!!

あっ…

 

#でもその前に

 

!!

ボクは、お蕎麦の袋をのぞいてみた。

 

お蕎麦、何本入れたんだっけ??

3匹分、足りるかなあ…

 

#イチ #ニィ #サン #シィ #ゴッ

#イチ #ニィ #サン #シィ #ゴッ

#イチ … #ニィ … #サン …

 

・・・。

 

途中で数が、分からなくなった…

 

!!!

 

もう、しょうがないねっ

分からなくなっちゃったんだから!

 

マスターがいたら、一緒に数えてもらおぅっと!

 

#ピョンコピョンコ

 

!!!!!

ボクはインターホンを押した。

 

こんにちは~!

うさぎのつぶやきで~す

マスターに、お蕎麦持ってきました~!!!

 

ーーーーーーーーー

~ボクの夏休みの思い出⑱〜

 

『オラ、たぬきちだべっ!

ぽん太郎ぐ~ん!あそびに来たど~!!』

 

たぬきちさんはボクに、嬉しそうに耳打ちをした。

 

(ぽん太郎は)

(遊ぼうって言うど)

(出てくるんだべ)

 

・・・。

返事がなかった。

 

?!!

 

『あんれぇ?!

ぽん太郎、いねえべか??』

 

!!!!!!

 

たぬきちさんは、

とび出た竹に口をつけると

もっと大きな声で叫んだ。

 

『ぽん太郎ぐ~ん!

オラ、おめえと遊びたぐっで…!

お土産も、いっぺえ持ってきたど~!!!』

 

!!

たぬきちさんは、竹の中を覗きこんだ。

 

!!!!!

たぬきちさんの背中が、ビクッと反り返った。

 

『いだべ…

こっぢ、見てる』

 

たぬきちさんは、また叫んだ。

 

『ぽん太郎ぐん!

そんなとこで覗いてないで、ドアを開けてぐれ~!』

 

たぬきちさんは、竹の中を覗きこみながら

大きな声で話し始めた。

 

『今日は、ちっこい仲間も連れて来たど。

こいつはうさぎで、名前はつぶやきぃ~。

一匹暮らしだって言うもんだかんら!』

 

そう言うと、たぬきちさんはボクを持ち上げて

竹の穴の前にボクの顔を近づけた。

 

!!

たぬきちさんは、

またすぐに、竹の中を覗きこんだ。

 

『ぽん太郎ぐん、見えたべな?

つぶやきぃは、ちっこかったべ?!

怪しいやつじゃねえがらよぉ

このドア開けたら、もっと顔が見えっから

ほれ、ここを空けてくでぇ~』

 

・・・。

 

!! !! !!

たぬきちさんはドアを叩いた。

 

・・・。

 

返事はなかった。

 

たぬきちさんは、

困った顔で頭をかいた。

 

『こりゃあ、かなり警戒中だべな』

 


闇うさぎの様子                       目次                    うさぎの夏休み・回想シーン⑲
タイトルとURLをコピーしました