うさぎ・ボクの夏休み!その後の回想シーン⑰

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

うさぎ・ボクの夏休み!
その後の回想シーン⑰


 

ボクは、自転車に乗ってお店に向かった。

 

#むぎゅぎゅっ

#むぎゅぎゅっ

 

!!

お店に行くなら、

マスターの分もお蕎麦を打てば良かったな!

せっかくマスターに、会えるかもしれないのに…

 

!!

そうだっ

マスターにも、お蕎麦を分けてあげようっと!

 

その時、ボクはひらめいた。

 

!!!

もし会えたら、

マスターと一緒に映画館に行けたらいいな。

そしたらボク、迷わないで行ける!!!

 

マスター、映画館の場所知ってるかなあ~?!

 

ボクはワクワクして、自転車を力いっぱいこいだ。

 

#むぎゅっ

#ウォンバットシネマ

 

#むぎゅぎゅっ

#歩いて10分

 

#むぎゅぎゅぎゅっ

#南と東のちょうど真ん中

 

覚えたことを何度も頭の中で繰り返し、

お店につく頃には、汗だくだった。

 

!!!

 

あっ!

自転車置き場に、

闇うさぎくんの自転車が停まってる!!

闇うさぎくんも来てるのかなあ??

 

ーーーーーーーーー

~ボクの夏休みの思い出⑰〜

 

『ぽん太郎、いるべかな?!

はやくあいつを、驚かせてやるべ!!!』

 

#スタタスタタ

#ピョコッピョコッピョコッ

 

森の大岩を過ぎると、分かれ道になっていて

伸びた草が道を隠していた。

 

ボクの家は、こっちです。

 

ボクは右の方を指さした。

 

『ぽん太郎の家は、こっちだぁ!』

たぬきちさんは、左の方を指さした。

 

#そっちの道は

#行ったことないなあ

 

草をかき分けながら

ボクは、たぬきちさんのあとを追った。

 

草の道をしばらく歩くと、

その先に、竹林が広がっていた。

 

『ほらぁ!

あそこが、ぽん太郎の家だべ!』

 

竹林の中に、

丸みを帯びた不思議な形の家があった。

 

たぬきちさんは、得意げに教えてくれた。

 

『この家は、

ぽん太郎が、竹で作ったんだべ。

どうやって作ったのが、

オラには何度聞いても分からねえが…

!!

とにかぐっ

ぽん太郎の家は、

すごい仕掛けが盛り沢山だあ

ぽん太郎は、あたまがいいやつだかんら!』

 

家の前に着くと、

玄関らしきドアの横に、小さな文字が書かれていた。

 

『ぽん太郎ハウス』

『ご用の方はこちらへ↓↓↓』

 

矢印の先には、

壁に竹が突き刺さって、とび出していた。

 

たぬきちさんはとび出た竹に、口をつけると

大きなこえで叫んだ。

 

『オラ、たぬきちだべっ!

ぽん太郎ぐ~ん!あそびに来たど~!!』

 


闇うさぎの様子                       目次                    うさぎの夏休み・回想シーン⑱
タイトルとURLをコピーしました