《闇うさぎ・朝のあいさつ 》8月6日

≪朝のあいさつ≫

(闇うさぎ)
3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

《闇うさぎ・朝のあいさつ》8月6日


 

おす! 元気か!

 

オレは、

マスターの体の動きを

ビデオカメラに撮影し、よくよく観察した。

 

・・・。

 

オレと同じ、

四足歩行なのに

どうして、こうも違うんだ…??

 

足の早さも、ジャンプ力も

オレとそんなには、変わらねえよな?

 

やっぱり、

オレに足りねえのは、舌の長さか…

 

ビデオをスローで再生すると、

マスターの舌が

太い、ムチのようにシナっていた。

 

・・・。

 

オレとマスターは

もともと、

カラダの作りが違うんだ。

 

オレにも

長い舌があったら良かったが、

無いものは、

しようがねえ…

 

#オレは

#悲しくなった

 

オレは、

アイデアなら

どんどん湧いてくるのに

 

いつも、

達成することができねえんだ。

 

オレにも出来ることが、思い浮かべば良いのに…

 

 

#オレは落ち込んだ

 

 

いままで

やってみたかったことが、

いっぱい

いっぱい、あったのに

 

どういうわけか

オレには、

いつもできねえんだよな…

 

 

#ぴょんこぴょんこ

 

マスターは嬉しそうに、オレに話しかけた。

 

『ギターのアイデアは、すごいゲロ!

こんなことが

ボクに出来るなんて、

考えたこともなかったグァ!

おかげで、悩みが晴れたゲロ!

ありがとゲロゲ!!』

 

マスターは、とても嬉しそうだった。

 

 

マスター

そいつは良かったな…

 

~!~!~~!~~!!!~~~!~~~!~~~!!!!!

ビシュゥゥゥッ!!!!!

 

~!~!~~!~~!!!~~~!~~~!~~~!!!!!

ビシュゥゥゥッ!!!!!

 

マスターは

生き生きと、

洞穴をかけずりまわった。

 

 

オレには

できないのに、

アイデアだけが、また湧いた。

 

マスターみたいに

もし、オレができたなら…

 

トランプを、ブーメランみたいに飛ばすんだ。

 

戻ってきたトランプの上に、

オレは、ぴょんと跳びのって

乗り物がわりに、空を飛ぶ。

 

そしたら

すげえ、カッコいいのにな…

 


うさぎの様子≫                 目次          《闇うさぎ・朝のあいさつ》8月17日
タイトルとURLをコピーしました