《闇うさぎ・朝のあいさつ 》6月22日

≪朝のあいさつ≫

(闇うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

《闇うさぎ・朝のあいさつ》6月22日


 

おす! 元気か!

昨日は、

店で大事件が起こった。

!!!

キッチンから

打ち込まれた

まっしろい銃弾…

そして、

部屋の中から聞こえる

痛々しい叫び声…

!!!

オレは

ドアの陰に身をひそめ、

キッチン内部を覗き見た。

!!!!!

床に倒れ込こんだ

うさぎくんの足が…!!

!!!

部屋のなかを

飛び散る銃弾の嵐…

今、ふみこむには

危険すぎる…

尻込みする自分の足を、

オレは叩いた。

!! !! !!

おい!

何をビビってる…

オレは、

うさぎくんのマネージャーだろ?!!

オレが…

早く、助けてやらんと…!!

オレは大声で叫んだ!!

『うさぎくんっ!大丈夫かっ!!!』

!!!!!

オレは

靴下を急いでひきぬき、

むちゃくちゃに、振りまわした。

こんな弾…

オレが

跳ね返してやる…!!!

!!!!!

弾は…

思いのほか軽かった。

#よしっ

#これなら
#いけるっ

#シュタタタタッ

うさぎくんは、

コアラに重なるように倒れていた。

#大丈夫かっ
#2匹とも

うさぎくんは、

オロオロと

手探りを繰り返した。

『あっ…あっ…

フタ…どこ…』

そして、

うさぎくんの奥には…

銃弾に食らい付く、カエル達が…

・・・。

#誰だ
#こいつら

!!!

その時、

後ろから

ドスのきいた、ダミ声がこえた。

『グォラッ!

何してるっ…おめえグァ!!

ゲロゲッ!!

ゲロゲロゲッ!!!!』

 


うさぎの様子≫                    目次               《闇うさぎ・朝のあいさつ》6月23日
タイトルとURLをコピーしました