《闇うさぎ・朝のあいさつ 》1月19日

(闇うさぎ)
第2.2章 時空のゆがみ ~うさぎたちの日記(冬)~

《闇うさぎ・朝のあいさつ》1月19日


 

おす! 元気か!

オレは録音帽子のことで、

パンダが前に

オレに言ったことを思い出した。

『絶対に誰にも言うなよ』

アイツ…

こんな気持ちだったんだな…

鏡を見るたび

『不吉な顔』

ババアのことばが頭をよぎり、

気持ちが沈む…

なんだよ…不吉な顔って…!!

どうせ、ウソつき占い師だろう!?

録音帽子に残された、

パンダ達の会話が気になり

オレは、

書き起こした紙を

もう一度読み直した。

!!

やっぱりそうか、

やぎ婆さんと書いてある…

それに

ババアの声も同じだった気がする。

#アイツに
#聞いてみようか

そう思ったが、やめた…

だって、オレの方が

ひどいこと言われたのだから…!!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

~書き起こした紙 (つづき)~

おんなの声:
弟のことが心配で。

あの子…いつも

イヤな顔ひとつせずに

家族を助けてくれる良い子なんです。

うちも、色々大変でしょう?!

だから、あの子が心配して

励ましてくれたり

いつも元気付けてくれてたのに…

最近、どうもおかしい…

家ではゴロゴロしてばかりで

すぐに出かけちゃうの。

ーーーーーーーーーーーーーーー

書き起こし(ババア→パンダへの言葉)

《闇うさぎ・朝のあいさつ》12月14日

 


うさぎの様子≫                    目次            《闇うさぎ・朝のあいさつ》1月21     
タイトルとURLをコピーしました