《うさぎ・朝のあいさつ 》5月7日

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第2.2章 時空のゆがみ ~うさぎたちの日記(春)~

《うさぎ・朝のあいさつ》5月7日


 

おはよう。

お鍋のコーンスープをみつめながら、

コアラは

思い出したように言った。

『闇うさぎくんって、

本当にお金持ちだったのね。

わたし、冗談かと思ってた…

あんな大きなお屋敷に

お母様も、すごいお上品!

可愛らしくて、

優しそうだったわね。

お昼ご飯まで

ご馳走していただいて…

お品書きなんて

わたし、初めてもらったもの!

ビーフシチューにローストビーフ…

カタツムリみたいな

あの…エスカルゴン?

#えーと
#あと何だったかしら

!!

コアラはポシェットから、

お品書きをとりだした。

#こんな料理名
#知らなかったなぁ

アルダンテ―ニョの…パスタ―ニョ…

チッキング・パテ…

フライニョ・パテイニョ…

トメイト・サラディアン…

バナナンヌ・パフェ…

すべてがオシャレで…

とっても美味しくかったわ!!

闇うさぎくんって、

毎日あんなもの食べてるのかしら。

#すごいわ~

 


闇うさぎの様子≫                目次              《うさぎ・朝のあいさつ》5月10日
タイトルとURLをコピーしました