《うさぎ・朝のあいさつ 》3月25日

(うさぎ)
第2.2章 時空のゆがみ ~うさぎたちの日記(春)~

《うさぎ・朝のあいさつ》3月25日


 

おはよう。

今日のランチは、山賊焼。

キッチンで

レモンを切りながら、

コアラがため息をついた。

#ハァ

どうしたの?

レモン、目にしみた??

!!

それ、いただいたばかりの

朝採りレモンだから

きっと、新鮮すぎて

汁がとぶんだな!!

#かわろうか

コアラは首を振った。

『うさぎくんは

友達、たくさんいる?』

!!

ボク?

ボクは、

友達と呼べる友達は

少ないかな。

闇うさぎくんと…

あと、離れた場所に何匹か。

友達じゃないけど、

挨拶したり

近所でお世話になってる動物は

もう少しいるけど。

#そうかぁ

コアラはうなずいた。

『そうよね。

わたしも…

わたし、家の都合で

引っ越してここにきたの。

まあ、もともと

そんなに友達は

多い方じゃなかったけど。

引っ越す前は

仲が良い友達が2匹いてね。

しょっちゅう、遊んでたんだ。

お花見にも一緒に行ってた。

でもさ…

離れてると、

なかなか会えないじゃない。

こっちで

友達ができなくて、

寂しいなあと思ってたら…

この喫茶店に出会ったの。

ここって、

入りやすいし

行けば、誰かいるし…

毎日来てるうちに

喫茶店のみんなが

友達かなぁ

なんて、思ってたものだから…

みんな、

楽しみにしてるのにごめんね』

#コアラは
#寂しそうに笑った

 


闇うさぎの様子≫                目次             《うさぎ・朝のあいさつ》3月26日
タイトルとURLをコピーしました