《うさぎ・朝のあいさつ 》2月1日

(うさぎ)
第2.2章 時空のゆがみ ~うさぎたちの日記(冬)~

《うさぎ・朝のあいさつ》2月1日


 

おはよう。

朝、お店に着くと

マスターがテラスで

虫取りをしていた。

『お腹、減ってるのかな??』

自転車を停めながら、

ボクが声をかけると

マスターは首を振った。

それからマスターは

テラス席に座り、

桜の木の枝を眺めた…

『よく、この席で…

一緒に話をしたゲロゲ…

「一緒に冬眠しよう」

あの時、

そう言えれば良かったグァ…

ボクは

言えなかったグァ…

まさか…

会えなくなるとは思わなくて…

春になったら、ここで

いつもみたいに会って

また、一緒に過ごせると思ったゲロ…

マスターは、涙ぐんだ。

!!!

#マスター
#元気出してください

ボクは部屋に

トランプを取りに走った。

#ぴょんこぴょんこ

 


闇うさぎの様子≫                目次              《うさぎ・朝のあいさつ》2月2
タイトルとURLをコピーしました