(闇うさぎ)~第3章~第48話:オレは、自分の目を疑った。

短編つぶやき小説

(闇うさぎ)
~第3章~

48話:オレは、自分の目を疑った。


 

!!!!!!!

オレは、いぬとぶつかっていた。

 

#イデデデッ

 

いつの間にか、

オレのカラダの回転が止まっていた。

 

急にとび出してきたら、危ねえじゃねえか!!!

 

・・・。

 

いぬの返事がなかった。

 

??!

 

おめえ!大丈夫か?!

 

いぬは腹を抱えて倒れていた。

 

!!!!!!

 

腹が痛えのか?!

見せてみろっ!!!!

 

オレはいぬを仰向けにひっくり返し、腹を見た。

 

!!!!!!

 

胸毛と腹毛が

むしり取られたように抜けていた…

 

そして、

ピンク色の素肌に、血も少し滲んでいた。

 

!!!!!!!

うっ

こ、これは…

すげえ痛えやつだ…!!!!

 

オレは、乾布摩擦しすぎた時のことを思い出した。

 

そうだわ、オレには分かる

こりゃあ痛えわ…

オレも前に、背中を擦りすぎちまって

痛てえし、寒いし、恥ずかしいで大変だったんだわ。

 

#毛が生えるまで

#時間もかかるしなあ

 

オレはいぬに同情した。

 

じっとしてろよ、いま治してやるからな。

血が出た時は、消毒しねえと。

 

!! !!

オレは両手の肉球に、ツバをつけた。

 

『ウォン?!!』

 

!!! !!!

いぬは、オレの腕を蹴った。

 

いやいや!

痛くしねえって!

恐がらなくて良いから!優しく塗ってやるからよ!!!

 

『ウォン?!!ウォンウォン!!!』

 

いぬが、オレの腕を両足ではさんだ。

 

#ググッ

#グググッ

 

こいつ…

オレが治してやるっつーのに、抵抗してやがる!!!!

どんだけ、恐がりなんだ!!!!!

 

#まったく

#しょうがねえな

 

オレも両足で、いぬの足をはさんでどけてやった。

 

#グッ

#グググッ

 

その時だった…

 

『ウォン! ウォウォン!! ウォン!!!』

 

いぬが大声で叫び、自分の腹に両手をあてた。

 

!!!!!!!

 

オレは、自分の目を疑った。

 

いぬの両手をあてた部分が、赤く光りだし…

ピンク色の腹から、少しずつ毛が生えてきた。

 


うさぎとの会話≫                    目次              闇うさぎ・次のお話しへ≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました