(うさぎ)~第3章~第36話:ウォウォン ウォ ウォン!!!

短編つぶやき小説

(うさぎ)
~第3章~

36話:ウォウォン ウォ ウォン!!!


 

#ぬりぬり

ボクは、口のまわりに

ドクダミ軟膏をたっぷりと塗ってあげた。

 

#これで大丈夫

#きっと良くなるよ

 

?!!

あれ?

ボクたち、なんの話しをしてたっけ?

 

!!!!

 

そうだ!

始まりの合図を決めるんだった!

じゃあ、ボク

挨拶からもう一度やってみるね。

ボクはいぬくんに挨拶をした。

 

こんにちは!

ボク、うさぎのつぶやきです。

ボクね!キミと話しがしたいんだ!!

キミの言葉が、ボクにも分かるようになればいいのにな…

 

!!!

#うん

#やっぱり

#合図はこれだな

 

『ボクね!キミと話しがしたいんだ!』

 

#あっ

#でもあれかっ

 

『キミと話しがしたいんだ!』だけの方が良いか…

 

#うーん

#迷っちゃうな

 

#ゲホッ

#ゲホゲホッ

 

いぬくんは咳き込みながら、手で顔を洗い始めた。

 

?!!

いぬくん、大丈夫?

 

!!

#あっ

そんなにこすったら、

ドクダミ軟膏が広がっちゃうよっ

目に入ったら、大変だ!

 

!! !! !!

いぬくんは、

後ろ足で顔を掻きまくった。

#あっ

#あっ

#あっ

 

!!!!!!!

 

『ウォウォン ウォ ウォン!!!』

 

その時…いぬくんが大声で吠えた。

 

?!!

いぬくん!大丈夫?!

ごめんよ…ボク、薬を塗りすぎちゃったかなあ…

 

と思った瞬間…

いぬくんがブルブルと大きく身震いした。

?!

#冷たいっ

 

ボクの方にどこからか、水しぶきがたくさん飛んできた。

?!

あれ?雨っ??

空を見たが、晴れていた。

 

??!

 

いつの間にか、

いぬくんの顔と体がびしょびしょに濡れていた…

 

あれっ…??

 

よく見ると、

いぬくんの口のまわりにたっぷり塗ったはずのドクダミ軟膏も、

跡形もなく消えていた…

 

!!!!!

 

ボクは、とても驚いた。

 

キミ!いつの間に取ったの??

 

?!!

あっそうかっ

軟膏が目に入って、

痛くて泣いちゃった?!!

そうか!

それで、びしょびしょなのか!!

軟膏を洗い流すほど

たくさん涙が出ちゃうなんて…

ごめんね、それは痛かったね…

ボクはいぬくんに謝った。

 

いぬくんは、スタスタと歩いて

置いてあった桃をボクに渡してくれた。

 

#ウォンッ

#ウォンウォンッ

 

『いぬのやつ、

話しは桃を食べてからしようと言っておるぞ』

 

#そうか

#だったらボク

#早く決めないとっ

 

ボクは、急いで合図を決めた。

 

おじいさん!

ボク、はじまりの合図が決まりました!

 

はじまりの合図は、

『キミと話しがしたいんだ!』で、お願いします!!!!

 

ボク、早くいぬくんと話しがしたいんです!!!

もうボク、桃を食べてもいいですか??!

 


闇うさぎとの会話≫                         目次                     うさぎ・次のお話しへ≫

タイトルとURLをコピーしました