うさぎ・ボクの夏休み!その後の回想シーン⑮

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

うさぎ・ボクの夏休み!
その後の回想シーン⑮


 

『わたし、こういうの慣れてるから』

ボクはコアラの優しさに甘えることにした。

 

『それじゃあ、また電話するわね』

 

コアラとの電話を切った後、ボクは思った。

 

!!

コアラはすごいなあ。

話すのも早いし

文字だって書けちゃうし

受話器を持ち替えるのも早いんだ!

だからみんなにも、連絡できちゃうんだな!!

 

!!!

それにっ

 

食器を洗うのも早いし

冷蔵庫の中身や

食糧庫にあるものまで、ちゃんと覚えてるんだ!!!

#コアラは

#ホントにすごいよ

 

とにかく!

コアラは色んなことが、

あっという間に出来ちゃうんだ!

ボクもあんな風にできたら、

きっと気持ちが良いだろうなあ!

 

!!!

それにコアラは、とっても優しいんだ!

 

!!!!!!

#むぎゅっ

#むぎゅぎゅっ

#みどりちゃんも夏祭りに

#一緒に連れてきてもらえば良いんじゃない

 

!!!!!!

ボクは居ても立ってもいられなくなった。

 

#コアラが

#頑張ってくれてるんだもの

 

#ボクもなにか

#ボクにできることをっ

 

・・・。

 

#ボクにできるのは

#やっぱり料理だな

 

!! !!

#キュッ

 

ボクは、手拭いを頭にまいた。

 

!!!!!

 

あたま高く投げあげたそば粉が

 

!! !! !! !! !! !!

 

雪のように落ちてきた。

 

お水の量、よしっ…!

 

!! !!

#ボクは濡れた肉球を

すばやくそば粉に押しつけた。

 

~!~!~!!!

~!~!~!~!!!

~!~!~!~!~!!!

#おいしくなあれっ

#おいしくなあれっっ

 

#おいしいお蕎麦に

#な~あれっ

 

ーーーーーーーーー

~ボクの夏休みの思い出⑮〜

 

!!

たぬきちさんは、

カゴをかついで立ち上がった。

そして、力強い足取りで

砂利の上を歩きだした。

#ザッザッ

 

!!

#ピョンコピョンコ

ボクも急いで追いかけた。

 

たぬきちさんは歩きながら、ボクに色々と教えてくれた。

 

『つぶやきぃ、覚えておくんだど!

金色の石拾いはぁ、

行きはよいよい、帰りはこわいっ

帰りはカゴが、すっごぐ重いがら!

 

とくに…

砂利の上は足が痛ぐなる~!

厚めのくつしたとが、

サンダルとがあった方が良いべ!!

 

!!

くつは、こすれて痛えがらやめた方が良いど!!

 

・・・。

 

オラ、この前

買ったばかりのサンダル

川に流れていっちまっで、悔しかったなあ…

 

・・・。

 

!!!

とにかぐっ、サンダルは!

帰る時に履いた方が良いべっ!!』

 

#ザッザッ

#ピョンコピョンコ

 

『つぶやきぃ。

おめえは、ぴょんこぴょんこ跳ねるがら!

ざるだど、拾った石を落としそうだべ??

うさぎが拾う時ぃ…

帰りはどうしたら良いんだべ!?

 

・・・。

 

!!

こういう時は!ぽん太郎に聞いてみるべ!

ぽん太郎は、ちいと気難しいところがあるが

あたまが良い奴だがんら!』

 

丘のふもとに着くと、

たぬきちさんは、神妙な顔で言った。

 

『つぶやきぃ!

坂は特に、気をつげろぉ!

オラ、この前ここで

すってんころりん

ごろごろ金色の石が散らばっで

すっごく大変だったんだべ~!!!

濡れたくつしたは…滑るがらっ!

坂の前に、ぬぐ~っ!!!』

 

!! !!

 

たぬきちさんは、カゴをおろしてくつしたを脱いだ。

 

『やっぱぁ、素足が一番だな~!』

 

!!  !!

たぬきちさんは、くつしたの匂いを嗅ぎ

目を見開いて笑った。

 


闇うさぎの様子                       目次                    うさぎの夏休み・回想シーン⑯
タイトルとURLをコピーしました