うさぎ・ボクの夏休み!その後の回想シーン⑫

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

うさぎ・ボクの夏休み!
その後の回想シーン⑫


 

ボクはコアラに電話してみることにした。

 

#トゥルルルルッ

#トゥルルルルッ

 

『はい、もしもし』

 

!!!

コアラの声がした。

 

もしもし、コアラ?!

ボク、うさぎのつぶやきです。

 

!!

『うさぎくん!

どうだった?電話は通じたの?』

 

コアラの返事が聞こえた。

 

!!!!

良かった!電話が切れてないっ

 

ボクは受話器を持ち直した。

 

コアラ!大変なんだ!

闇うさぎくんの電話が壊れちゃったみたいで、

すぐに電話が切れちゃうんだ。

 

『そうなの?おかしいわね?

わたしの方は、さっきパンダと話せたの。

パンダはね、

夜はあまり、出歩けないんですって。

でも、うさぎくんのためなら

色々、協力したいからって

家族にも聞いてみてくれるって言ってたわ』

 

!!

ボクは嬉しくなった。

!!!

パンダも来れるといいね!

 

コアラは続けて言った。

『闇うさぎくん、おかしいわね。

電話って、そんなに急に壊れたりするかしら?

だってうさぎくん

今日は闇うさぎくんのお家に、何回も電話したんでしょう?

その時は大丈夫だったの?』

 

!!

うん、さっきまでは大丈夫だったんだ。

闇うさぎくんのお母さんとも話せたし、

闇うさぎくんとだって、最初は話せてたんだ。

なのに、急に電話が切れちゃって

それから何度かけても、電話が通じないんだ。

 

『だったら、やっぱりおかしいわ。

ねえ、うさぎくん

闇うさぎくんの電話番号って、

8383ー☆☆☆☆で良いのよね?

わたしも、今から電話してみるわ。

女の子から誘った方が、

闇うさぎくんには、良いかもしれないもの。

うさぎくん、ちょっと待っててくれる。

またあとで電話するわね』

#カチャッ

#ツー
#ツー
#ツー

 

ーーーーーーーーー

~ボクの夏休みの思い出⑫〜

 

たぬきちさんは、ほくほくしながら

ボクを案内してくれた。

 

!!!!!

 

『ここだ、ここだぁ。

ほれ、いっぺえはさまっとるべ』

 

たぬきちさんは、岩場の方を指さした。

 

!!

遠くから見ても、すぐに分かった。

岩場の水面全体が、キラキラと金色に輝いていた。

 

!!!!!!

す、すごい…!

こんなにたくさん…?!

 

#ピョンコピョンコ

#バシャバシャバシャッ

 

岩場に近づいたら、ボクはもっと驚いた。

連なった岩と岩の間が、

びっしりと金色の石で埋め尽くされていた…

 

『ほれ、つぶやきぃ。

やっぱり、びっくりしたべ?!

オラもよ!最初見た時はたまげたなぁ!』

 

たぬきちさんは、目を見開いて笑った。

 

『ここんとこはぁ、金色の石の取り方が違うべ。

間違えるとぉ

どんどん流れて行っちまうかんら、気をつけねえといけねえべ』

 

そう言うとたぬきちさんは、水から上がり砂利の上を歩いた。

 

『岩場んとこはぁ、水の中を歩いちゃいかんべ。

なんでかって言うど、

金色の石を踏んだら、崩れちまうべ?

せっかく挟まっとったのにぃ、崩れた途端に流れでぐからよ。

オラ、そんなこと知らんかったからぁ

前に失敗しで、悔しい思いしたんだべ。

オラも誰かに、教えてもらいたかったなぁ』

 

たぬきちさんは、笑いながら歩いた。

 

川の上流に向かって砂利の上を歩き続けていると、岩場が終わった。

 

!!!

『ほれ!この辺だぁ。

この辺から取れば、いっぺえ取れるし崩れねえべ。

つぶやきぃ、分かったかぁ??

岩場はぁ、上流の方から取るんだど!』

 

たぬきちさんはそう言うと、水の中に入った。

 

#バシャバシャバシャッ

 

!! !! !! !!

たぬきちさんは下流の方を向いて、

岩の間に挟まった金色の石を、手慣れた様子で取っていった。

 

!! !! !! !!

 

ボクも一緒に、金色の石を取ってカゴに入れた。

 

取っても取っても、金色の石は無くならなかった。

『いやぁ~!大漁、大漁!

今日も、いっぺえ挟まってるなあ!』

 

!! !! !! !!

!! !! !! !!

 

たぬきちさんの背中のカゴが、だんだんいっぱいになってきた。

 


闇うさぎの様子                         目次                      うさぎの夏休み・回想シーン
タイトルとURLをコピーしました