うさぎ・ボクの夏休み!その後の回想シーン⑧

≪朝のあいさつ≫

(うさぎ)
第3.3章 【仮題:時空の◯◯◯◯ ~うさぎたちの日記~(夏)】

うさぎ・ボクの夏休み!
その後の回想シーン⑧


 

『闇うさぎくんも夏祭りに来られるなら、

みどりちゃんも一緒に

連れてきてもらえれば、ちょうど良いんじゃない?』

 

!!!!!

えっ

今、なんて…?!!

 

ボクは受話器を握り直し、

もう一度、耳に当てなおした。

 

・・・。

 

ボクは耳を澄ました。

 

#ドックン

#ドックン

心臓がバクバクして、口から飛び出しそうだった。

 

『あれ?

うさぎくん、聞こえてる?

もしもーし…

もしもーし…』

 

!!!

まずいっ

コアラがボクに聞いてるっ!

 

ボクは慌てて、受話器を口に当てた。

 

もしもしコアラ?!

ボクだよ!

ちゃんと聞こえてるよ!

 

・・・。

 

ボクはもう一度、受話器を耳に当てた。

 

さっきのみどりちゃんの話し…

ボク、もう一度聞きたいんだ!

 

そう言いたいのに恥ずかしくて、

なんて言ったら良いのか分からなかった。

 

コアラは話し続けた。

 

『夏祭りに連れてくるのが無理なら

みどりちゃんを今度、

お店に連れて来てもらったらどうかしら?

わたし、

うさぎくん達がうまくいくように応援したいと思ってるの。

お店だったら、

わたしも同じ女子として、

うさぎくんの良いところを一緒にアピールできるでしょ。

うさぎくんの特技はお料理なんだから、

アピールするならやっぱり料理よね。

ご馳走をいっぱい作って、

みどりちゃんに惚れなおしてもらいましょうよ。

 

だから、そのためにもね!

やっぱり、闇うさぎくんには

ビーバーと仲直りをしておいてもらわないと。

闇うさぎくんがみどりちゃんを連れて来てくれなきゃ、

なんにも始まらないんだから』

 

?!!

あれっ??

さっきの夏祭りの話し、終わっちゃった?!

 

・・・。

さっきの話し

ボク、もう一度聞きたいんだ…!

 

ボクは、言葉が出なかった。

 

#ドックン

#ドックン

 

やっぱり、おんなの子とこんな話し…

恥ずかしいよ

あっ…あぁ…

こういう時は、なんて言ったら良いんだ??

 

ボクは、ノートに肉球を押し付けた。

 

#むぎゅぎゅっ

みどりちゃんも夏祭りに

 

#むぎゅぎゅっ

一緒に連れてきてもらえば良いんじゃない

 

!!!!!!!

 

心配しなくてもボクは、

コアラの言葉をちゃんと覚えていた。

 

コアラが言った。

『じゃあ、そんな感じで

うさぎくん、

闇うさぎくんを夏祭りに誘ってみてね。

返事が聞けたら、また連絡してくれる?

うさぎくん、わたしの電話番号知ってたかしら?

番号はねえ…』

 

・・・。

 

ボクは一生懸命、数字を書き取った。

 

ーーーーーーーーー

~ボクの夏休みの思い出⑧

 

大亀様~!!!

明日また、来ますから~!!!!

 

その晩、ボクはドキドキしてなかなか寝付けなかった。

 

布団の中でボクは、大亀様のことを何度も考えた。

 

今日の出来事は、もしかして夢だったんじゃないか?

だって…!

大亀様は絵本の中のお話しだもの!

絵本の中でも、

口からあんなにたくさん金色の石を産んでなかったよね?

 

!!!!

#でもでもっ

 

ボク、この目で確かに見たんだ!

夢だったら、

小川の水に足を入れた時に目が覚めるはずだし…

 

!!

ボクは頬っぺたをつねった。

 

やっぱり、夢じゃなかった。

 

・・・。

 

大亀様があんなにたくさん金色の石を産むなんて、

ボク、びっくりしちゃったな…

ちゃんと隠してきたし、

無くなってませんように…

 

その時、ボクは気がついた。

 

口から、金色の石を産んだってことは…

もしかして大亀様は、女性だったのか??!

 

!!!

そうかっ

あの石は、

金色の卵だった?!!!

 

#金色の卵って

#どこかでそんなお話し

#読んだ気がするな

 

ボクは布団の中で思い出そうとしたが、思い出せなかった。

 

・・・。

 

でもあれが、もし

金色の卵だったら…

何が生まれるんだろう??

 

!!

金色の小亀様が生まれる?!

 

ボクは、卵の中から

金色の小亀様がゾロゾロ生まれる姿を想像した。

 

あっ!

 

その時、ボクは気が付いてしまったのだ。

 

!!!!!!!!!

 

まずいぞっ

ボクってば、

金色の卵の上に

砂利をたくさん積んできちゃった…

 

!!!!!!!!!!

金色の卵を…

もしかしてボク、潰しちゃった?!

 

#どうしようっ

#どうしようっ

 

次の日、ボクは朝早くから小川に向かった。

 

小川に着くと、昨日積んだ砂利の山がそのままになっていた。

ボクは急いで、

砂利の中から金色の卵を掘り出した。

 

!!

金色の卵はカチカチだった。

 

割れてなくてホッとした。

 

やっぱりこれは、金色の石だよね?!

とても卵には見えないよ…

でも、もし卵だったら

潰しちゃいけないもの…

 

大亀様っ〜!!

大亀様っっ〜!!!

 

砂利で隠したら良いのか、

水の中に戻した方が良いのか

ボクには、どうしていいか分からなかった。

 

ボクは家から持ってきた紙袋に、

とりあえず金色の卵を入れて隠した。

 

大亀様っ〜!!

大亀様っっ〜!!!

 

何度もボクは、大亀様を呼んだ。

 

でも、大亀様は戻って来なかった。

 

#どうしようっ

#どうしようっ

 

#今日も日が暮れちゃったら

#どうしよう

 

ボクは心細かった。

 

お昼過ぎに、砂利の上でボクが

持ってきた手作りパンをかじっていると

下流の方から、1匹のたぬきが川の中を歩いてきた。

 

たぬきは背中にカゴを担ぎ、

川の中に手をつっこんでは

ひょいひょいカゴに何かを投げ入れていた。

 

!!!!!!

 

ボクは、見てしまったのだ!

 

たぬきが、金色のものをカゴの中に入れたのを…!!!

 

!!!!!!!

 

それは、大亀様の金色の卵なのに!!!!

 

#ピョンコピョンコ

 


闇うさぎの様子                         目次                      うさぎの夏休み・回想シーン⑨
タイトルとURLをコピーしました